カリキュラム

1.中学受験錬成コース&単科コース

中学受験エクゼでは、4年生から6年生までの期間を、基礎期(4年)、形成期(5年~6年1期)、調整期(6年2期)に分けています。家造りで例えるなら、4年で知識を増やして身近な現象を確認することで土台(基礎)を作ります。5年~6年の夏前までに語彙を増やし、算数の型や理社の原理などを理解して頑丈な骨組みをつくります。6年の夏からの調整期には、「自分の家を使いやすく調整するとともに」、志望校の傾向に適合できるよう、問題演習や志望校分析など、外構をきちんと整えて「その日」に備えます。

  国語 算数 理科 社会
基礎期
4年1期・2期
主語・述語を理解し文章を大まかに把握する。 数の世界の面白さ・図形や速さの基礎を習得する。 身近なものや現象を科学的に分析してみる。 暮らしとのつながりの中で地理を学習する
形成期
5年1期~6年1期
文章構成をつかむための手がかりを提示し、出題者の意図を読み取る。
6年では大人の感性にも触れる。
○○算という典型問題を通して算数の型を学びつつ、図形・割合・比・速さなどの頻出単元全てを学習する 中学入試の全範囲について、なぜ?どうして?という原理や原則を他者に説明できるレベルで理解する。 5年1期で産業別・地域別の地理、2期で歴史、6年1期で政治を学習し、知識のほとんどを習得する。
調整期
6年2期
入試問題演習を通して、知識や思考力の強化を図る。さらに、入試ならではの問題の特性を理解し、合格答案の作り方を学習する。合わせて志望校の過去問題研究と添削による答案指導を行う。

>>カリキュラムの詳細・ダウンロードはこちら

2.PISA対策講座

県立相模原中等教育学校を始め、私立中の理科などの設問の中に見られるPISA型読解形式の問題への対応を、7つの思考パターン別に演習、開設していくコースです。また、相模原中演習を行います。

規則性の活用 資料の読取 論理的思考 言葉と文字
算数の課題や日常の生活で見られるさまざまな規則性を発見し、活用する力を身につける。 グラフ・表のデータを読み取りや、地図・路線図などを利用した行動計画の作成などを行う。 ゲーム上のルールの活用や数理パズル、数量関係などを論理的に思考して解き明かす。 感じ、熟語、ことわざ、慣用句などの知識を学び、パズル形式の問題などを演習する。
空間把握 社会・理科 コミュニケーション 相模原中演習
面接、体積などの基本から、タングラム、線対称、立体の展開図、投影図などを学ぶ。 小学校の社会、理科の学習範囲の知識の習得と、ゴミやバリアフリーなどの現代の問題を考える。 メモの取り方からチラシの作り方、道案内、敬語、マナーなど、コミュニケーションについて学ぶ。 過去問題の演習を中心に相模原中等教育学校の適性検査に対する対策を行う。

中学受験専門館エクゼ お問い合わせ

電話
042-707-1107
定休日・備考
日曜
住所
〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原3-8-18
交通
JR横浜線相模原駅 徒歩3分
受付時間
13:00~21:00

 

copyright(c) musashi group. All Rights Reserved.